人生をラッキーに変える占いには、いろんなタイプと歴史があります。自分に合った占いを見つけましょう。

おみくじ入りの菓子

この先の運命についての、短いコメントが書かれたおみくじ入りの菓子には、
「フォーチューンクッキー」や「辻占せんべい」など、さまざまなものがあります。
国内では、新年に、お年玉代わりのように神社で配られる「辻占せんべい」がありますが、
普通のおみくじのような、詳しいことはほとんど書かれておらず、
それでも一年を占うものとして楽しみにしている人は多いようです。
海外にも、これらに似たお菓子やケーキがあります。
中でも、フランスの「ガレット・デ・ロワ」や「コロンビエ」は、
占いに使われるアイテムが可愛らしいので、近頃は日本でも人気が出てきているようです。

ガレット・デ・ロワは、東方の三賢者によってキリストが神の子として見出された記念日である
「公現祭」(1月6日)に食べるお菓子です。
パイ生地の中にたっぷりのアーモンドクリームを入れて焼いたこのお菓子の中には、
「フェーブ」と呼ばれる陶器製の王冠が入っています。
近年では、王冠だけでなく、さまざまな形のフェーブが入れられるようになり、
それらのコレクターも増えているようです。
切り分けて食べた中からそれが出て来ると、その日一日王様(もしくは女王様)として
振る舞える権利を得るだけでなく、その年一年幸せに暮らせると言われています。

また、コロンビエは、復活祭から七週間後の週末に食べるお菓子とされていて、
様々なフルーツの砂糖漬けを、アーモンドペーストたっぷりの生地に混ぜて焼いたものです。
この中にも、ガレット・デ・ロワと同じように、フェーブが仕込まれています。
ただし、こちらは平和の象徴である白い鳩(コロンブ)のフェーブと決まっていて、
それが当たった人は一年以内に結婚できると言われているようです。

沢山ある中のどれを選ぶか、切り分けたどの部分を選ぶかで、
その年の運命が決まるというのは、とても楽しい占いの方法ではないでしょうか。