人生をラッキーに変える占いには、いろんなタイプと歴史があります。自分に合った占いを見つけましょう。

古の占い

古代の北欧では、「ルーン文字」と呼ばれる、アルファベットのような文字が使われていました。
基本となる文字数は24で、「エルダー・フサルク」と呼ばれるそれらの文字には、
ひとつひとつ意味があり、文字を組み合わせることで、
さまざまな事柄の表現に用いられただけでなく、意思を表すものとしても使われてきました。
基本となる、と説明しましたが、文字の数は地域や時代によってさまざまに変化していたため、
今日残っているルーン文字の中では、「24文字が基本になる」ということなのです。

ルーン文字を小石や小枝に刻み込み、それらを道具として占うのが「ルーン占い」です。
最もオーソドックスな方法は、文字の刻まれた道具を地面や布の上にばら撒き、
文字の読み取れる、表になっているものだけを拾い、
その文字の指す意味から結果を導き出すというものです。
この方法は「キャスト」と呼ばれています。

その他にも、ルーンバックと呼ばれる、文字を刻み込んだ小石を入れておく袋の中から、
無造作にいくつかを取り出し、並べた順で意味を読み取る「スプレッド」という方法もあります。

この占いの方法は現在も続いていて、地域によっては24文字ではなく、
それ以上の文字を刻み込んだ小石や小枝、カードを使って占う人もいるようです。
また、占いに使われた石の中には、独特の美しい彫刻がなされたものもあり、
タロットカードなどを占いの道具としてではなく美術品として蒐集する人がいるように、
これらの石を蒐集している人も少なくないようです。